管理監督者育成、講師養成はお任せください

もしもし検定

電話応対技能検定(愛称:もしもし検定)TELE-LICENSE
もしもし検定について

お客様に喜ばれるビジネス電話応対の追求を目的として、企業内で電話応対のエキスパートとして即戦力になり得るチームリーダーの育成を目指しています。

「ビジネスパーソンとして幅広スキルを習得」

「電話応対技能検定(愛称:もしもし検定)」(以下、もしもし検定)は公益財団法人日本電信電話ユーザ協会が設立した「電話応対技能」の資格検定です。 本検定の特徴は電話応対のみにとどまらず、ビジネスパーソンとして必要なスキルを幅広く学ぶことができる点にあります。

もしもし検定が目指すもの

従来型の「電話応対教育」では、電話を受ける、かける、取り次ぐなどの電話応対やビジネスマナー、日本語そのものの基本知識を学ぶことが中心となっていました。
「新しいコミュニケーション教育」では, 場面や人によって臨機応変に応対することができるコミュニケーション能力を養い、電話応対に生かしていくための教育です。
※詳細はパンフレットをご覧ください。

もしもし検定の特徴
3級からステップアップ

3級からステップアップし、「1級資格者」は電話応対における社内指導者レベルと設定しています。また、指導者級を取得すれば社内で講習や検定試験を実施することができます。
(但し経験のある方は2級からの受講できます。その場合も必修科目は受講いただきます。)

講座と検定の一体化

単に受験するだけではなく、規定の課程(講座)を受講していただき、真に活用できるスキルを習得後試験を受けていただきます。

内製化支援(弊社オリジナルプログラム)

弊社では、より成果の上がる内部運営に向けた社内インストラクター養成、コンテンツ作成支援、社内導入支援等を実施しています。

講座例

“カウンセリング”“コーチング”⇒相手の気持ちを正確に受け止めることができる
“アサーション”⇒相手を大切にしながら自分の意見をはっきり述べることができる。
“メディエーション”⇒三者間の対話を考えることができる。
その他、「教えるためのインストラクションスキル」や法的措置など組み込まれています。

※詳細はパンフレットをご覧ください。

受講者のお声

K氏(女性):少人数でしっかり教えてくれた。ロープレでは全員がそれぞれの役割ができ、講師のアドバイスも的確で納得できた
S氏(女性):アットホームな雰囲気で楽しく受講でき一人ひとりに適切な指導で、安心して任せることができた。有意義で中身の濃い講座だった。
Y氏(男性):疑問点をその場ですぐに質問できたので納得いく内容だった。
J氏(女性):公開講座と違い、man to manの進め方で、理解しやすかった。
A氏(女性):コストパフォーマンスからみても納得できる価値ある内容であった。

実施機関

株式会社プロカレントは、日本電信電話ユーザ協会より正式に実施機関として認定を受けております。電話応対のプロフェッショナル養成及び社内インストラクター養成を目指して、検定講座・検定試験・導入支援を展開しています。

日本電信電話ユーザ協会ホームページ  ⇒ http://www.jtua.or.jp

講座・検定のご案内お申込み
もしもし検定についての詳細はこちらのパンフレットをご覧ください。
お問い合わせ、お申し込みは下記をご覧ください
PAGETOP